L
o
a
d
i
n
g
.
.
.

ここまでこれり。

毎年買っているパピー手編みの本を今年も買いました。



解説こそ詳しくないのですが、作品はさすがパピーだけあって、
ウェアの本はもうこの一冊でいいかも?という
相変わらずな本格的な作品が多いです。

が、私が編むのは簡単な物で。

巻末近くの小物ページに載っている
つけ襟を編んでみました。

指定糸はパピーのアルパカコルカ



もちろん!指定糸でなんて編めないので!
私が手持ち糸の中から選んだのはアンデルセンクレープ。

121007_181023.jpg

見た目はかなり指定糸に近い?かな。

指定はかぎ針10号なのですが、かぎ針8号で目数を増やして編みました。

121007_181048.jpg

あみっぱではクルクルですが。
アイロン一発!!ヽ(`Д´)ノ

121008_114617.jpg

これでほぼ本のサイズ通りの編みあがりです。

これこのままでも十分かわいいんだけど、
ちょっと思うところあって、これにひと手間加えたいと思い、
そのために編み図ではボッブルのところを、
普通の?長編み3目の玉編みに変えてます。

なので、本体自体は、軽く、25gほどで仕上がってます。
あとは…思うところ次第なんだけど~。(´Д`;)

試しにサイズ違いも編んでます。

121008_114639.jpg

さて、どうなるかなー。

読んでくれてアリガト☆よろしければ応援拍手お願いします。


今日は追記も書きました。
が、愚痴っぽい内容なので、苦手な人はお引き取り下さい。
あと、あくまで個人の意見ですので、ガチコメントはご遠慮願います。
ずっと思っていることで。

私、この本を持っているのですが。



この本の巻末に

本書で紹介した作品の全部または一部を商品化、複製頒布
およびコンクールなどの応募作品として出品することは禁じられています。


とあるのですが。

この本、最初はメリヤスとか、ごくごくシンプルなパターンも載ってるので。
それってなに?もうメリヤスさえも著作権があるというのか?
それともこの文章が意味しているところは、
数点掲載されている参考作品をさしてるのか?

なんかわけわかんなくなっちゃってます。

というか、私の率直な考えは、
音楽の世界でも編曲というのは立派な職業としてあるのだから
編み物の世界でも、作品をアレンジする…んーアレンジャー?
とか言うのも認められてもいいのではないか?と思うのです。

実際の本やメーカーさんが出しているデザインって
どうしてもメーカーのしばりがあるから
使っている糸や副資材にも限界があるし、
それをそっくりそのまま作って楽しんでいる人は少ないと思うんですよね。

だったらそれを汎用に、作りやすくしたり
作品のいいところを生かしたアレンジを提案してもいいと思うんだけど。

それに、もともとのパターンだってだれが考えたものか…


まぁそれを言うなら、アレンジする前に許可とらないといけないんだろうけど
そうなると結局なんややっぱり著作権があって…最初に戻る。

ですよね。


↑の作品も思うところあって、アレンジするのですが
販売用にするのは…アウトなんだろうか…ねぇ。

Comment

  • コタロ
  • URL
そうですよね~~

なんというかあれもこれもダメって、素人のフリーマーケットさえダメなのか?とかなってきたらもう手も足も出ない?的な(笑)☆
生地にしてもそうだし著作権だー!と制限ばかり言われると純粋にハンドメイド楽しめなくなっちゃいますよね。ていっても私はフリーマーケットとか出す技術も持ち合わせてないんですけど(笑)(-▽-;)
特にKokkaの生地とかすごく可愛いのに著作権にひっかかるみたい。なら売るなよ!て手芸屋で生地に向かって突っ込んだりして(笑)☆
今年も寒くなったらちび吉くんのパンダ帽子姿見られるんでしょうか?今からすごく楽しみです♪

  • 喜代
  • URL
■コタロさん

■コタロさん
そうそう、前にも布のこと書きましたけど
著作権とかいうなら売らなきゃいいじゃん!って思いますよね。
お金払って資材を買う時点でフリーでいいやん、って。
もともとハンドメイドってそんなに量産できないし、儲かるものでもないのに。
ていうか、著作権っていうなら図書館はどうなるの?っと思うんですが。

チビ吉パンダは今年も出動しますよ。
担任の先生は今年赴任してきたばかりの先生なので
初日はさぞかし驚くだろう…(*´∇`*)とワクワクしてます。

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する
まとめ