L
o
a
d
i
n
g
.
.
.

梅も我が子?。

今年は空梅雨なのでしょうか?
私の住む関西地方では、それなりに曇りがちではあるものの、
まとまった雨にはならない日が続いています。

んで、晴れるとそれなりに暑くて(´д`|||)

そのせいなのかどうなのかは不明なのですが
先週仕込んだ梅干しの様子が思わしくなく。

もともと塩分15%の減塩で漬けたこともあってか
梅酢の上がり具合が良くなく、
そこへきてこの暑さが影響したのか、
梅にになにやら白いものが発生してきました!(´д`|||)
しかもよく見ると梅酢も濁ってる気がする…


不安になったのでググって調べてみると、

もともと梅干しはシロカビが生えるものだ、ということ毒性はないカビらしい?
また、白いものと言ってもカビではなく、酵母の場合もあるということ
どちらにしても梅干しにはよくないことだが、
殺菌処理をすれば持ち直せる、ということがわかりました。

まだ漬けて一週間だし、臭いは梅の香りがしているので大丈夫だとは思ったのですが
減塩漬けだし、手遅れになると厄介なので、
思いきって殺菌処理をすることにしました。


まず、梅を上げて一つづつチェック。
怪しげなものは思いきって除きました。
白いものが着いてないものや、拭いて取れるものは焼酎で洗って、
滅菌処理した瓶に移し替えます。

20150615113845193.jpg


残った梅酢は鍋に入れて、グツグツ煮立てて殺菌。
途中浮いてくるあくを丁寧にすくいます。

201506151138450ee.jpg

これで濁っていた梅酢も澄んできれいになりました。
それからせっかくなので、
これから足す予定だった氷砂糖も煮とかしてしまいました。

冷えたら濾して梅を入れた瓶に戻して終わり。

年のために1日一度、梅酢を回して、
上から焼酎を吹き掛けて殺菌を続けて行くことにします。

とりあえず1日たった今日の段階では、梅酢は澄んだ状態を保ってます!

20150615120327edd.jpg


と。

お隣の瓶はついでに追加で漬けたものです。
今回は梅酢も残したいのと、カビ防止に普通に塩分20%でつけてみました。
こちらは普通に漬けたあと、塩出しする方法を試して見ようと思ってます。

あと、瓶に入れる前に袋に梅と塩をいれてゴロゴロすると
きれいに馴染むしカビにくいときいたので実践しました。

20150615113845563.jpg

これはさすがに梅酢の上がりも早いです。

しかし、カビも含めて、発酵させないって言うのは
発酵させるよりも難しいですね。


と、気軽に始めた梅仕事なのですが
もう子供の世話のようにてがかかってます。それも楽しいんだけど。
いや、手をかけなければ良いものは出来ない、んだよね。( ´∀`)

何事も手抜きはいかんのぉ。


いつもアリガト☆皆さんの拍手が更新の励み!
お手数ですが見たよポチお願いします。

Comment

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する
まとめ