L
o
a
d
i
n
g
.
.
.

吊るし飾り作ろう・その1

さて、ほぼ二年あまり放置状態だったポン子の雛飾り。
今年は七五三でもあるし、ここでやらないともうやらなくなる…と思い
物理的に重い腰をあげました。

とはいえ、まだ本格的な細工物は…気力も時間も難しいので
以前買ったこちらの本、


の、この表紙の作品。
この丸パーツと梅の下げ飾りを作ることにしました。

これひとつ作っておいてベースにして、
あとはすこしづつ細工飾りを付け足していけばいいかなぁと思ったし。


しかし、簡単そうに見えるこの飾りも、そう甘くはなく。
細かいパーツがなかなかの数!( TДT)

201602231524061ac.jpg

しかも、この丸パーツ、本体はマカロンポーチの蓋?本体?



こういう、プラスチックのベースをちりめんでくるんで作る、とあるのですが
このベースがなかなかお高くて。(´д`|||)
ネットの大量パックで買えば安いのですが、
まぁまぁな数がいるとはいえ、ネットで売ってるほどのまとめ買いは必要ないしなぁ、と思い、
似てて安いもので代用!ι(`ロ´)ノ

100均のクルミボタンキットを使うことにしました。

それでもなかなか売ってなくて、数を揃えるのが大変だったのですが、
近隣の店舗を回ってなんとか集めました。
とはいえ、元々の大きさが違うし、
ぶっちゃけて言えば、まぁ、本の通りに作らなくてもいいんだから、
数は一応、目安です。

ちなみに今回は大34個、中48個、小24個、極小8個にしました。
飾りは二枚合わせにするので出来上がり数は半分になります。
他に梅飾りを作る、とあるのですが、
これは丸パーツを作ってみてから付け足すかどうか考えようと思います。
色合いのバランスもありますし。

と、材料が揃ったところで、いよいよ布の選定。

20160223152406c8c.jpg

さらに、選んだ布にニット地用の接着しんを貼り、裁断します。

と、書くと簡単だけど、数を数えて線を引いて、ってなかなか大変でした。
ニット用の接着しんは伸びるから貼りにくいしー。

20160223152406fad.jpg

まぁ、でもなんとかここまで。

パーツの数が多いのでもっと生地使うかなとおもったのですが、
そうでもなかったです。

しかし、これ全部縫うのかー。

201602231524065f6.jpg

単純作業とはいえ、まだ先は長いです。



今日のおまけ。

2016022315240626a.jpg

ガビーン(´д`|||) って、死語なんだけど、他になんて言えばいいんだろ。


いつもアリガト☆皆さんの拍手が更新の励み!
お手数ですが見たよポチお願いします。

Comment

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する
まとめ