吊るし飾り作ろう・その6

時間があるときに小ネタでも更新。
これについては記事末で追記します。


鋭意作成中のポン子の吊るし飾り。

梅小花ができました。

20160309115918443.jpg

これは二個縫い合わせて吊るし飾りにします。


して、今回はいよいよ最後のパーツ。
房を作ります。

いつも、フリンジって言うのか、タッセルって言うのかどっちなんだ?迷っていたのですが
日本語でざっくりって言えばいいんだ!(ノ´∀`*)と言うことに気づいたので、
これから私は、房と呼ぶことにします。

2016030911591825c.jpg

今回用意したのは、リリアン糸。(´д`|||)


うーん、これ、苦手なんだけど…

追えども追えども手からシュルシュル逃げるのにイラつきながらもなんとかまとめます。

20160309115918edc.jpg

この時点で発狂寸前。

共糸で縛ってもよかったのですが、
今回はせっかくなので金糸で縛ることにしました。

その方がきつくしばれるし。
ねぇ、リリアン糸の何が嫌かって、ちょっと力入れるとすぐ切れちゃうトコデスヨ。
この房状にするのだって何べん糸切っちゃったことか。


しばってまとめていくのは、なんかー爽快。

20160309115918bb4.jpg

中央の結び目にボンドをつけてるので、吊るして乾燥中です。
っていうか、中華系でこんな飾りあったような…。
乾いてから房を切り揃えて完成予定です。


と、ここまでくれば、丸飾り、梅小花、房、下げ輪、すべてのパーツができたことになり、
あとは紐を通して組み立てるだけ、なのですが。



201603091210426fa.jpg

こんなもの出しちゃった(;・∀・)


続きはまた。


いつもアリガト☆皆さんの拍手が更新の励み!
お手数ですが見たよポチお願いします。




実は、昨日の夜中に、田舎にすんでいる祖母が倒れまして。
祖母は腰が悪く、何度か入退院を繰り返してはいたのですが、
今回は脳出血を起こしてしまい、緊急入院することとなりました。

現在は点滴で落ち着いてはいると言うことなのですが、
もう年もそれなりですし、出血の範囲も広いと言うことで、
依然として予断は許さず、また今後退院できるかどうかもわからない状態だそうです。

急いで駆けつけたいところではあるのですが、
なにぶん遠方ですし、私にも子供がいますし、
無理に駆けつけてもまた母親に気を使わせてしまうだけになるので、
今は心配ながらも、自宅待機をしている状態です。

幸い、祖母が入院している病院では従弟が働いていますし、
母親をはじめ、叔母たちも近くにすんでいるので、
みんなにお任せして、遠い地より祖母の無事を祈るばかりです。


と、いつでも動けるように、身辺整理もしておかねば。



私はしっかりと生きなければ。




0 Comments

Leave a comment