良さの伝え方。

Karintonさんのブログより拝借したあずま袋。

布あわせを終えたらあとは縫うだけです。
縫うのもレシピがあるので楽々~

とはいかず。(´д`|||)

適当に縫ったら縫い代を倒す方向がおかしくなってしまい、
中心がずれてしまったので、慎重に作り直しました。

何事もずぼらはいかんですな。

ちなみに今回は一辺を25センチで作りました。
正方形に切った布を三枚縫い繋ぎ。

20160914220344570.jpg


クロスする?ねじるように縫い合わせます。

20160914220257232.jpg

ただ、それだけなのですが、
きれいに仕上げるにはそれなりにコツがいるというか、
ともかく、丁寧に縫った分だけきれいに仕上がる、
当然なんですが、それが目に見える作品だな、と、縫いながら感じました。

シンプルなものほど、ごまかしがきかないんですわ。( TДT)

20160914220257eeb.jpg

で、今回はちゃんと中心もきれいに仕上げました。
あ、きれいにというのはあくまで私レベルで、のことですが。

それから、そのままではちょっと寂しく感じたので
サイドにタグもつけてみました。

20160914220344c18.jpg


でね。


これ、やっぱ、平置きではかわいさが伝えにくい作品でしてね。

参考にお弁当を包んでみます。

201609142202572a8.jpg


一辺は25センチの布なので、
そんなに大きくはない感じなのですが、

2016091422025723e.jpg

思ったより入ります。
お弁当入れてもまだ余裕です。( ・∇・)


適当に包んでもこんな具合。

20160914220257d9b.jpg

こうなると、俄然、かわいくなりますよね。


しかも、サイドにつけたタグが…

201609142202572df.jpg

こんな感じで表に来ます!(ノ´∀`*)
これは嬉しい誤算。

もちろん、大きなものを包めば、タグは上には来ないんですけど、
何を包むかでシルエットや配色が変わって見えるのも
あずま袋の面白いところだと思います。

今回は派手布使ったしね。

20160914220344733.jpg

しかし、問題はこれを販売するとなると
ぺろんと置いておいても人目につかないし、
袋に入れてパッキングしてしまうと良さが伝わらないところなんですよね。

ま、そもそもパクったアイテムを販売するのかよって、ことですけど。

まぁでも、この作品にかかわらず、
既製品にはないちょっとした良さだったり、かわいさを提供したいと思っているので、
そこのところの伝え方って言うのも今後の課題として
勉強していこうと思います。

なかなかムズいわー。



今日のおまけ。

20160914220344fcc.jpg

本格的にガウしてくる!

20160914220344858.jpg

ぎゃー。といいつつ、写真とるけどね。


いつもアリガト☆皆さんの拍手が更新の励みなので、
お手数ですが見たよポチお願いします。

2 Comments

karinton  

パクったも何も、昔からある袋なのでどんどん売ってくださいませ(^-^)
これ、キレイに仕上げようと思うと、か〜なり縫いにくいですよね。さらにマチなしで作る場合は、この縫い方じゃできないと思います。順番変えるのかな?どうやるんだろ??

あー、それと、タグ!ステキです☆☆ 「そこに付けてどう見えるの?」って興味シンシンでした。なるほどーそこねー。

文化祭で販売するあづま袋は、2つほどお弁当箱を入れてサンプルとして出しておき、あとは布が全種類見えるよう適当にたたんで袋に入れてしまいます。この可愛さを伝えようと思うと場所取りすぎますね(笑)。

2016/09/14 (Wed) 23:33 | EDIT | REPLY |   

喜代  

Re: タイトルなし

■karintonさん
私もハンドメイドはアイデアを生んだ人の功績より作った人の手間賃だと思う派なんで
パクリパクられはあまり気にしないんですけどね。
他の人にからも、これ作りたいって思われるのってやっぱり秀逸だなって思いますし。

で、やっぱりこれって見本がないとかわいさ伝えにくいですよね。
見本から売れそうな気がします。(。-∀-)

マチなしバージョン確かに気になりますね。
ちょっと調べたところでは二枚で作る方法や三角布で作る方法もあるらしいので、
単純なあずま袋といえども奥が深いです。日本人ってスバラシイわ。

2016/09/15 (Thu) 22:22 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment